現代人に課せられた重要なテーマ エコとリサイクル



コンテンツ
現代人に課せられた重要なテーマ エコとリサイクル

資源ごみの分別やゴミを減らすことなどのエコについて考える

資源の少ない日本では、エコの視点から、資源ごみを活用することはとても大切なことです。ペットボトルや古紙などの資源ごみは、きちんとルールに従って分別し、できる限り資源をリサイクルして大切に使っていけるように、一つ一つの家庭や企業が協力していきたいものです。エコが大切だという発想は、若い人はなかなか持てないこともあるでしょう。しかし、結婚して家庭を持ち、子どもを育てるようになると、子どもたちの生きる未来について、考えたり心配したりするようになるのが親心です。私も結婚して子どもを持つまでは、ゴミの分別について深く考えたことは正直に言ってありませんでした。しかし、子どもが生まれると、やはりこの子達にはできる限り明るくて生きやすい未来を用意してあげたい、そのためにできることをやりたいと思うものです。

資源ごみをきちんと分別し、家庭で責任を持ってルールに従って捨てるのはもちろんですが、なるべくゴミを出さないように工夫をしたいものです。ゴミは子どもたちの未来への負の遺産となってしまいます。子どもたちにも、ゴミやエコについて考えさせたり、ルールを守ることを教えたり、ゴミの回収や焼却などに携わってくれている方々への感謝について教えたりしたいと思っています。未来は私たち一人一人の行動によって形作られて行きます。小さなことでも自分にできることをコツコツとやっていくことで、少しでも子どもたちの未来が明るくなれば、親として人間として、生きる意味を感じることができます。
Copyright (C)2017現代人に課せられた重要なテーマ エコとリサイクル.All rights reserved.