現代人に課せられた重要なテーマ エコとリサイクル



コンテンツ
現代人に課せられた重要なテーマ エコとリサイクル

エコのために資源ごみを分別するとは言うけれども

エコと叫ばれて久しい世の中です。特に21世紀は環境の時代とも言われています。最近は、雑誌、新聞紙等の紙類、アルミ缶、ビンに限らずペットボトルや廃プラスティックいわゆる廃プラなど実に多くのものが資源ごみとして扱われるようになってきました。普段日常生活を送っていて思うのはプラスティック製品が非常に多いことです。例えば、キャンディーのお菓子などを買った場合、外装にプラスティックが使われております。更に、キャンディーを包むためにプラスティックが使われているケースが非常に多く見受けられます。過剰に包装し過ぎなのではないか、と感じておりました。キャンディーに限らず、過剰に包装している商品は非常に多くあります。それらが以前は「燃えないゴミ」として処理されていました。それが資源ごみとして再利用できるようになったということは非常に画期的なことだと私は思いました。

しかし、困惑することもあります。自治体によっては分別に非常に厳しいところがあるのです。私が以前住んでいた自治体では、廃プラなどの資源ごみのごみ袋のなかに少しでも燃えるごみなどが混ざっていると持って行ってくれないことがありました。また、廃プラは食品を包んでいることが多いですから洗って綺麗にする必要があることが多いです。これが意外と手間がかかります。エコのために廃プラを再利用するkとは非常に大切だと思います。しかし、手間がかかることに困惑しています。もう少し効率的な方法が生み出されて欲しいものです。

注目情報

Copyright (C)2017現代人に課せられた重要なテーマ エコとリサイクル.All rights reserved.